ステンレス黒色発色材料アベルブラックの機能性

『黒色酸化皮膜』だから
様々な機能性を付与

素材としての優れた機能性

①コストダウン
成形品からの表面処理ではないため、後発色よりも費用を抑えることができる。
②表面処理工程の削減
加工後、自社または外注先で表面処理をする必要がないため、工程を削減することができる。
③加工精度を保つ
膜厚が薄いので、特殊なプレス成形技術で加工した精度を維持することができる。
④変形の心配がない
輸送に因る変形のリスクが低くなる。
  • 順送プレス

    抜 順送プレス

    シャーリング、板金、プレス、レーザーカットしても被膜がはがれません。
    無垢のステンレスと同等の加工性を維持します。
    後工程で塗装が必要がなく順送プレスで送っても傷がつかず、耐摩耗性に優れています。

  • 複合成形・インサート成形

    圧 複合成形・インサート成形

    成形後に表面処理ができない複合部品をアベルブラックで作れます。また、センサーの迷光防止、反射防止などの光学分野で使用できます。また、90°曲げ、鋭角曲げでも剥がれません。割れません。

  • ロール フォーミング

    絞 ロール フォーミング

    自動車用などドアモール・ルーフモール樹脂との一体型成形も良好です。
    建築部材では高級感のある巾木などの用途に実績があります。

  • ロール トゥ ロール

    巻 ロール トゥ ロール

    発色皮膜が強いので、極端な曲げ、巻きにも安心です。例えば、レーザー・エッチング加工やフープ鍍金で、導電性、濡れ性などを付与できます。

光反射防止性

アベルブラックはステンレスに元々ある不動態皮膜という酸化皮膜と同じ成分を電気と薬品の酸化力で成長させ、黒色皮膜を生成させます。黒色はすべての波長の光を吸収するため、反射光を弱め、光反射率を低下させます。したがって、アベルブラック処理されたステンレスは非常に優れた光反射防止効果を生み出します。また均一に皮膜を生成させることにより、精度の優れた光反射防止効果が得られ、高品位な画像表示が可能となるデバイスに生まれ変わります。また、下地に荒らす工程をプラスする事によって、要求に応じた低反射の表面を作る事も可能です。加工方法・形状により、処理の可否がございますので都度ご相談下さい。

アベルブラック光反射の原理

弱め合う場合、反射率低下弱め合う場合、反射率低下

  • アベルブラック反射率データ SUS304+アベルブラックのみアベルブラック反射率データ SUS304+アベルブラックのみ

  • アベルブラック反射率データ SUS304通電粗化+アベルブラックアベルブラック反射率データ SUS304通電粗化+アベルブラック

  • アベルブラック反射率データ SUS304物理的粗化+アベルブラックアベルブラック反射率データ SUS304物理的粗化+アベルブラック

  • アベルブラック反射率データ SUS304化学的粗化+アベルブラックアベルブラック反射率データ SUS304化学的粗化+アベルブラック

遮光の原理遮光の原理

光反射防止製品に対する
ステンレス製遮光板のメリット

端面まで黒色化

レンズユニット付近の遮光板は表面の反射を抑えるとともに、光の通り道となる端面の反射を抑えることが必要です。
アベルブラックは端面まで色づけが可能ですので、ゴースト対策にも有効です。オプションでつや消し処理も可能です。

樹脂との比較

耐熱性が強く、温度変化による収縮が起こりません。(車載カメラ、カメラモジュールに対応可)
極薄い材料でも光の透過が起こりません。

メッキや塗装と違い、剥がれがない

黒色酸化皮膜はステンレス不動態皮膜を成長させて生成したもので、密着性が極めて優れ、剥がれの心配がありません。
異種金属・塗膜工程ではありませんので、ゴミが発生しません。
環境面に優れております(RoHS/REACH規制等)

薄膜なので寸法精度に影響を与えない

アベルブラックの膜厚は0.5μm以下で細部まで均一な成膜が可能なので、小型の光学部品など寸法精度が要求される部品に最適です。

他の表面処理との膜厚比較
 ※参考資料による
種 類 基本膜厚(μm)
硬質クロムめっき 10〜
黒色Niめっき 約10
無電解Niめっき 5〜10
硬質アルマイト(黒) 40〜61
黒アルマイト 15〜3
アベルブラック 1以下

放射率(輻射率)の向上

アベルブラックは黒色であるため機能的な観点からも優れているといえます。
例えば放射率(吸収した熱が、再度表面から出る程度、輻射率とも言う)に関しては素材のステンレスに比べ効果的であることがわかります。
熱伝導に優れているため、真空乾燥装置や昇温・冷却装置などへの処理によって、熱吸収・熱放射を発揮する高機能材料としても役立ちます。

放射率の比較

試料名 放射率
ステンレス未処理材 0.15
アベルブラック材 0.42

測定温度:室温(20.5℃)
測定波長:2~22μm
測定装置:放射率測定器 TSS-5X

耐食性・耐候性の向上

処理後は素材の数十倍の耐食性

アベルブラックは従来法に比べて酸化皮膜の厚みが厚いため耐食性が格段に上がります。
例えば、塩化第二鉄による腐食試験(JIS G 0578 ステンレス鋼の塩化第二鉄腐食試験法)ではSUS304にアベルブラック処理したものが、SUS316素材より格段に優れた結果が得られています。またSUS430についても、アベルブラック処理を施すことで、SUS316の素材よりは多少悪いものの、非常に耐食性は向上します。よって耐久性に優れた素材に生まれ変わることになります。

耐 候 性
(1)被膜成分・腐食試験 結果

SWIPE

オージェ電子分光(AES)結果 
【ゴールド】
オージェ電子分光(AES)結果 
【アベルブラック】
オージェ電子分光(AES)結果 【ゴールド】 オージェ電子分光(AES)結果 【アベルブラック】
塩化第二鉄腐食試験(JIS G 0578)-① 塩化第二鉄腐食試験(JIS G 0578)-②
塩化第二鉄腐食試験(JIS G 0578)-① 塩化第二鉄腐食試験(JIS G 0578)-②
(2)その他、耐食性試験結果
試験項目 時間 結果
塩水噴霧試験(SST) 500時間 錆びなし
キャス試験(SST) 500時間 錆びなし
曲げ部にわずかにシミあり
酸浸漬試験 
10%硝酸
常温50時間 変化なし
酸浸漬試験 
10%硫酸
常温50時間 わずかに変色
酸浸漬試験 
10%塩酸
常温50時間 変色
アルカリ浸漬試験 10%水酸化
ナトリウム
常温50時間 変化なし
(3)耐候性
耐候性試験 時間 結果
スーパーキセノンウェザーメーター 1000時間 退色せず
デューパネルウェザーメーター 3000時間 退色せず
サンシャインウェザーメーター 4000時間 退色せず

人や環境に配慮
<RoHS規制に対応する処理です>

試料 Pb
(<2ppm)
Cd
(<2ppm)
Hg
(<2ppm)
Cr6+
(<1ppm)
アベル
ブラック
ND ND ND ND

※NDとは:Not Detected(検出されず)

処理可能サイズ

最大寸法:1219H×4000L×300W
※形状によっては処理できないケースもございますので、まずはご相談ください。

処理可能サイズ処理可能サイズ

PAGE TOP