「アベルブラック」の意匠性

ステンレスの金属感を生かした加飾処理で漆のような高級感を演出

 概要

 厚みが1μm以下 の黒色酸化皮膜なのでステンレス素材の質感を損なうことがなく、重厚感があり、極めて意匠性に優れています。
アベルブラックステンレス材は高級感を求める店舗の内外装材や携帯電話、デジタルカメラなどのデザイン性を求める外装部品に適しています。

 意匠例

 ①「ピアノブラック」(鏡面ブラック)

 

 金属の質感を残したままで、漆のようなツヤと深い色合いを持つ鏡面ブラックステンレスが『ピアノブラック』です。
 ムラのない均一な色調と剥離しないという特性、奥行きのある黒という風合いから、高級感が求められる店舗の内外装や、
 AV機器など家電製品の外装部品として用いられています。

絞り加工鏡面アベルブラック

ピアノブラック板材

②ヘアライン、バイブレーション アベルブラック
 HL(ヘアライン)・バイブレーションなどステンレス表面加工にもマッチし、質感を損なうことなく加飾できる
 アベルブラックは、多様な分野でオリジナリティーを与えます。

 インターフォンパネル
(HL材 左:素材 右:アベルブラック)

バイブレーション アベルブラック

③その他、オリジナリティーのある表面加工への対応

 

<左から鏡面、鏡面HL、HL>

 

<特殊表面(エンボス加工)>

④アベルブラック材へのレーザーマーキング
 印刷とは違った高級感のある仕上げで、独自性のある製品を生み出します。ブラックステンレス材にレーザーマーキングを
 施すことによって、優れたコントラストと質感で印刷されたものとは違った独自性のある仕上がりとなります。
 また、耐食性・耐候性に優れ、剥がれるなどの心配が無いため屋外にも使用できる全天候型のものになります。

<ピアノブラック+レーザーマーキング>

●銘板 ●トレーサビリティー(バーコードなど) ●情報家電製品のデザイン性

 ※少量の受注はお受けしていません

採用事例 

 上記が採用された主な事例を紹介します。

   建築業界  

お問い合わせについて

 上記に関しましては以下よりお問い合わせ下さい。