品質保証・検査体制

優れた製品を開発・製造するための品質保証・検査体制

                                   

<検査室>

<色差データ管理>

<画像寸法測定装置による測定>

 

<走査型電子顕微鏡による観察>

 ご依頼からお引渡しまでの流れ

 

 検査機器のご紹介

<デジタルマイクロスコープ>

不良原因の特定は、まず拡大してみることです。360倍まで拡大可能で、モニターを見ながらターゲット部分を観察します。

 <画像寸法測定器>

 

各処理条件に対する寸法変化の測定をいます。画像処理で測定する為、誤差を最小限に抑えることが出来ます。

<分光測色計>

 

明度(明るさ)と彩度(色の鮮やかさ)を数値化します。色のバラつきや再現性を確認します。

<光沢度計>

 

素材時の光沢度及び処理後の光沢度を測定します。

<粗さ計>

 

表面の凹凸をRa,Ry,Rmaxなど項目ごとに数値化し、表面の平滑化を確認する目的として使用します。

<電子天秤>

 

処理前後の重量を正確に測定し溶解量の算出に利用します

 

<分光光度計> 

     主に表面処理後の残留イオン濃度を測定します。

 

 その他の計測機器

・デジタルマイクロメータ
・電気伝導率測定器
・パーティクルカウンター
・ハンディータイプ粗さ計    等

各表面処理の工程及び内容は下記クリックして下さい。

◎各表面処理の工程