環境方針 

 環境基本理念

 21世紀は環境の世紀といわれています。弊社は、「きれいな空気、きれいな水、豊かな大地、それらにはぐくまれた豊かな文化・歴史を、未来へ受け継いでいく」という理念の基に、環境マネジメントシステムを確立し、継続的な改善を実行してまいります。
 八尾市では平成10年に「緑とうるおいのある、快適な環境とふれあえるまち、やお」を望ましい環境像と位置づけられました。弊社は、八尾市役所環境宣言を尊重し、地域社会と協調しながら企業活動を行ってまいります。大和川をはじめとする豊かな自然を守っていくこと、また古墳など様々な歴史ある文化的史跡を後世に残していく責務を、企業として担っていかなくてはなりません。社員一丸となって環境に優しい金属の表面処理技術の開発を心がけ、環境の保全に積極的に取り組んでまいります。

 行動指針

① 環境関連法規を順守します
関連する環境に関する法律・条例その他の要求事項を順守します。

② 目的・目標を設定し、汚染を予防します
省エネルギー、省資源、廃棄物の低減、薬品在庫の低減、再生利用によるコストダウン及び緊急時の火災防止、液類の流出・漏洩の防止に関する目的・目標を定め推進すると共に定期的な見直しを実施し、汚染を予防します。

③ 環境保全に努めます
当社の企業活動において環境に及ぼす影響を的確に捉え、環境保全に配慮した活動と製品・サービスの提供に努めます。

当社の活動は継続的に改善します
内部監査の結果などに適切に対処し、環境マネジメントシステム及び活動実績を継続的に改善します。

⑤ 全社員への教育と啓発を行います
全社員に対して環境方針を含め教育と啓発、また必要に応じた専門教育を行います。

情報を公開します
この方針は文書化し全社員及び当社のために働く全ての人々に周知徹底すると共に、社外に公開します。

 

 全社員の参加により以上を実行して環境基本理念の実現を目指します。

 

2010年9月

アベル株式会社 代表取締役

居相英機

 

環境マネジメントシステムは自主運営に切り替えました