化学研磨(機能性)

電解研磨では困難な形状に対応できるアベル独自の「化学研磨」

 

<多重構造部品>

 

<パイプ状複雑形状品>

 

概要

化学研磨は特殊な溶液に浸し化学反応によって、表面を溶解する研磨方法です。化学研磨は電解研磨と同様にステンレス成形品に対して研磨を行いますが、複雑な形状をしたステンレス表面の異物除去やスケール除去、洗浄には化学研磨が適しています。今まで形状、構造の都合で電解研磨をあきらめていた場合は、是非化学研磨をご検討下さい。

 

特徴

電解研磨と同等の効果

当社の化学研磨は他社では難しい非常に美観のある光沢仕上げを可能にします。また電解研磨とほぼ同等の平滑化・光沢化・耐食性向上・表面洗浄・洗浄性向上などを実現することが可能です。 

 

電解研磨には困難な均一性を実現

電解研磨は電極・治具を使用し電気を均一に流すことが重要なポイントとなります。よって複雑な形状のものに関しては不可能なものもあります。

化学研磨は接液部を均一に仕上げることが出来るので極めて均一な処理が可能となります。 

 

小ロットに対応

電解研磨のような電極・治具などをセットする必要がないため、イニシャルコストを抑えることができ、小ロットの処理に適しています。 

処理可能サイズ

■標準型最大寸法:500H×850W×900L 

※長さ方向には最大2900まで可能ですのでご相談ください。

化学研磨に対する事例を紹介します。

半導体・真空業界